2007年12月02日

紅葉のじゅうたん

IMG_6807.JPGIMG_6816.JPGIMG_6826.JPGIMG_6811.JPG

お庭の勉強会で、京都の詩仙堂,曼殊院、赤山禅院に行きました。
紅葉がとても美しく、紅葉狩りを楽しみました。
立ち止まって、先生のレクチャーを受けていると、
赤や黄色のもみじの葉っぱが、空から舞いおりてきて頭や肩に・・・。
まるで紅葉のじゅうたんのような上を歩いて散策しました。
同じもみじでも、黄色から赤、様々な色合いの葉っぱあるのはなぜ?
秋になって寒くなってくると、葉の付け根のところを細らせて(離層)、
葉っぱが枝から離れていく準備をはじめます。
離層ができて、枝との間で水や養分などのやり取りができなくなると
いろいろな変化が起こり始めるそうです。
まず寒さによって、葉っぱを緑色にみせているの葉緑素が分解して
もともと葉の中にあったカロチノイドという黄色く見せる物質が残って、
葉が黄色くみえるのだそうです。
また、葉の中に残った糖分が変化して赤く見せる色素、アントシアンが多くでき
葉は紅く見えるのだそうです。
だから夏の間、たっぷりお日様に当たって、秋になって冷え込みがきついと
紅葉が美しいといわれるのでしょうね。
葉の中でいろいろなことがおこっているんですね。
今京都は、紅葉のピーク、たくさんの人でにぎわっていました。
お着物姿で紅葉を楽しんでいる若い方がちらほらいらっしゃいました。
秋の京都にぴったりでした。
春の桜の頃も感じますが、秋の美しい紅葉の時期、
日本に生まれてきて、本当によかったなあと思いますよね。

                    Miyamoto


posted by GARDENS at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。