2007年05月09日

ぺネロープ Penelope

2007.05.07 042.jpg2007.05.07 052.jpg2007.05.07 104.jpg
リビングの前に置いたコンテナで育てているハイブリットムスクのバラ
『ぺネロープ』のお花が3日前の雨の日から咲き出しました。
ハイブリットムスクは、イングランドのペンバートンが創った
細めの枝ぶり、半つる性、房咲きの香りたつ微妙な色合いの花で
たおやかな中に静かな強さを秘めるとても美しい品種です。
この『ぺネロープ』は、5〜7センチの小ぶりなセミダブル平咲きで
花色がアプリコット色から徐々にクリーミーホワイトに変化します。
そして次から次へとよく咲いてくれる、本当に強いバラです。

写真上:アプリコット色のかわいい蕾です。

写真中:咲き始めたばかりのお花。
     私の大好きなアプリコット色でとっても素敵です。     

写真下:花色が徐々にクリーミーホワイトに変化します。
     平咲きで花芯の黄色が可愛いです。
     花が開ききった時は、花びらの先が軽くフリル状になって
     一段と可愛くなります。

2年前にこのバラに出会いました。
どのバラを育てようかなあといろいろな本やカタログを見ていたら、
開いた時の花芯が黄金色できれいと書いてあるのを読んで
見てみたーいと即決したバラでした。
そのころ、私のファッション感も『ゴールド』にひかれていましたので
黄金色のただその一言にひかれて決めたのです。笑・・・。
育てているバラ1本1本に出会いやエピソードがあります。
お花が咲くたびにその出会いを思い出したり・・・。
私にとってバラのお花はきれいにさいてくれるだけでなくではなく
思い出もいっしょに咲いてくれるお花です。

     Miyamoto


posted by GARDENS at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。