2008年06月21日

GARDENS BUS TOUR Seasons

IMG_0144.JPGIMG_0114.JPGIMG_0118.JPGIMG_0116.JPGIMG_0130.JPGIMG_0141.JPG
お昼から『宝塚ガーデンフィールズ』へ。
ポール・スミザーさんが手がけた英国風ナチュラル庭園『シーズンズ』、
『ガーデンルーム』と呼ばれる小庭と広がりのある水辺がステキな庭園です。
今回で3度目ですが、バラのお花が咲いていないシーズンなのでどうかなあと
思っていましたが、それはそれ・・・アジサイなどの季節のお花もきれいに
咲いてくれていましたが、雨上がりのあとの植物の葉の色がとても美しくて、
このシーズンしか味わえない草花の表情を十分に楽しむことができました。
ここに来ると、お庭つくりのヒントがたくさんあります。
今回、観葉系の植物が庭植えされているのにびっくりしましたが、
葉の色や形がきれいなものばかりでお花との相性もよく、考えてみると
温暖化であったかいですし、これからは、あまりジャンルにとらわれずに
植栽しようと思いました。
個人的には、いちじくのエスパリエ仕立てにひかれ、庭でトライしようと思いました。

女性は、旅の思い出にお買い物が大好きです。
またまた売り場で大混雑、人が手にしているものが気になって
どんどんエスカレートしてしまいます。
お庭好きの人が集まったツアーなので、話ももりあがりあれもこれもと・・・、
大きなオベリスクを手にしている人、大きなコンテナ、長いバラやクレマチスの苗、
あっという間にバスの荷物入れは満載になりました。
私は『シャルドネ』というぶどうの苗を旅の思い出に購入しました。
フランス原産で、シャブリなどの高級白ワインにするぶどうです。
前々から自分でワインをつくってみたかったので、今日この苗と出会えてよかったです。

いつの日か、このぶどうでワインを作って今日の日を思い出せたらいいなあ。

今回初めてガーデンズのツアーに参加してくださった方もたくさんいらっしゃいましたが、
お庭友達はふえましたか?
これを期にまた皆さんのお庭づくりの楽しみがいろいろと広がりますように・・・。

                 Miyamoto


posted by GARDENS at 04:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GARDENS BUS TOUR お昼ごはん

IMG_0089.JPGIMG_0090.JPGIMG_0096.JPGIMG_0097.JPGIMG_0099.JPG
お昼ごはんは、お野菜の手創り農園料理の店、『杉・五兵衛』。
ぶどう棚の下、広いテラス席でいただきました。
おかごに入ったワンプレートをいただき、あとはバイキング。
季節の新鮮野菜や山菜をつかったお料理をがメインで、揚げたての
ズッキーニのてんぷらや、ヘルシーなおから、甘梅、お豆腐料理・・・。
どれも美味しいお味で大満足でした。
お料理のお勉強にもなりました。
採れたてのスモモやびわ、イチゴもとっても美味しかったです。
器をお片づけしたら、もれなくお土産に『毛馬きゅうり』がもらえます。
とっても得した気分になりました。
お食事のあとに農園散策、菖蒲とアジサイが見ごろでした。
最後にお買い物、農園で採れた柿やスモモのジャム、焼きたてパン、
あっという間にレジに行列です。
家族にいいお土産ができました。
『ガーデン・ガーデン』でお庭も楽しめるお店ということで掲載されていたので
ずっと行ってみたいと思っていましたが、美味しいだけでなく、
とても心地よいところでした。
自然の中で豊に実る一次産業、それをうまく加工する二次産業、
情報、安らぎ文化といった五次産業をも含む農業の理想の姿ですね。

            Miyamoto
posted by GARDENS at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GARDENS BUS TOUR クリフトン

IMG_0081.JPGIMG_0084.JPGIMG_0071.JPGIMG_0063.JPGIMG_0075.JPGIMG_0077.JPG

早起きして、朝6時45分にガーデンズ集合。
早朝にもかかわらず皆さん笑顔でやってきます。
どの方も、おしゃれでおきれいな方ばかり・・・。
ガーデン好きの女性は美人が多い?
ガーデニングするときれいになれる?
美人41人乗せたバスは、10時過ぎに大阪の京阪園芸に到着しました。
早速、人気ローズアドバイザーの小山内 健さん登場。
うわさの通り、豊富な知識と溢れる情熱から、わかりやすいたとえで
手軽なバラ栽培をアドバイスしてくれました。
バラに必要な湿度、土、明るさのことなど、身振り手振りでおもしろく
教えてくださいました。
難しいことではなく、自分がバラの気持ちになれば理解できることでした。
ああそうかと目からうろこでした。
なんか明日からすることいっぱいできちゃったって感じです。
まず基本は大事だけれど、それがわかれば自由にバラとつきあうこと。
最も大切なのは、バラと、バラのある暮らしを楽しむこと。
もっと気軽に手軽に楽しんでとおっしゃられていました。
そして、ガーデンズ恒例の小さな植木鉢にサインをお願いしました。
小山内さんが書かれた『アーリーモダンローズ』の本にも・・・。
お外で立ったまま書いてくださるのかと思ったら、
机の上で書いてくると立ち去られました。
なかなか戻ってこないので行ってみると、なんとバラの挿絵つきの
ステキなサインをかいて下さっていました。
ひとえの野ばらの絵・・・、絵を描くのがお好きだそうです。
小山内さん、絵心のある方なんですね。
最後に二人で記念撮影。はいチーズ!
あっという間に出発時間12時になっていました。

                Miyamoto
posted by GARDENS at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。