2008年01月30日

スノードロップ

IMG_7444.JPG

寒空の下、GARDENS北庭でスノードロップがお顔をだしています。
地面から10センチほど背伸びをして、
雪のしずくのようなお花をぶらさげています。
スノードロップ=雪のイヤリング。
最初は上に向かって花が伸びます。
そして、うつむいてから花が咲きます。
今日、まさにイアリングのようにうつむいたところです。
西洋では、アダムとイブがエデンの園から追放された時雪が降りしきっていて、
永遠に続くかと思われる冬に絶望して泣きじゃくるイブを慰めるために、
天使がひとひらの雪に息を吹きかけ、スノードロップのお花にかえ、
『希望』がうまれたといわれています。
スノードロップの花言葉は、『希望、慰め』です。
凍りつくような冷たいお外で、気丈に純白のお花をつけたスノードロップから
パワーをいただいたような気がします。

               Miyamoto
posted by GARDENS at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

クリスマスローズ

IMG_7411.JPGIMG_7409.JPGIMG_7414.JPGIMG_7416.JPGIMG_7423.JPGIMG_7419.JPG
冬枯れのお庭でシックな色合いのお花を咲かせてくれるクリスマスローズ。
うつむきかげんに咲く姿は、愛らしくて個性的・・・。
その美しさにとても魅かれます。
もし私がお花に生まれ変われるとしたら、
クリスマスローズになりたいくらいです。
毎年この季節になるとまた苗がほしくなります。
今年は、ガーデンハイブリットをはじめ原種まで出回っていて、
いろいろなお花を見ることができます。
ワンちゃんにたとえたら、血統書つきからミックス犬、雑種まで
そろっているって感じです。
もちろん交配種の『ガーデンハイブリット』は育てやすいお花です。
先日からガーデンズにも花つきの苗がどんどん入荷してきてます。
ほおを染めるようにうっすらピンクをさしたものや、黒花や黄花、
ゴージャス感のあるダブルやセミダブルのお花など・・・。
ひとつひとつお顔がちがっていて、私の目を楽しませてくれてます。
今年はどの子をゲットしようかなあ。
夢はいつの日か、冬枯れした木立の足元にクリスマスローズを群集させて
あふれるように咲くお花を眺めたいなあと・・・。
そして育種・・・、自分だけのクリスマスローズのお花をつくりたいですよね。
                      Miyamoto
 
PS.2月6日(水)から12日(火)まで『クリスマスローズ展』を
   しようかなあと思っています。
   初めて育てる人、珍しい花がほしい人、原種に挑戦したい人・・・。
   ぜひお越しください。今年はどんなお花を楽しみますか?
posted by GARDENS at 01:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

冬のおやつ:ジンジャーの砂糖漬け

IMG_1289.JPGIMG_1285.JPGIMG_7438.JPG

ジンジャーの皮をむいて6ミリ角の棒状に切ります。
ジンジャー100gあたりグラニュー糖150グラムを混ぜて1時間おきます。
水分がでてきたら1時間ほど弱火にかけます。
かき混ぜずに気泡が大きくあめ色になってきたら、火を止めて
ジンジャーを取り出し、グラニュー糖をまぶして乾かします。
砂糖漬けはそのままかじってもとても美味しい保存食です。
エキスが浸出したシロップも常温保存できます。
冬の寒い日には、紅茶にこのシロップをいれて飲むと体があったまります。
冬の庭仕事、とっても寒いけど、シロップ漬けを食べながら
シロップ入りの紅茶をのんで作業をすると
体がぬくもってきて、お仕事がすすみます。
子供の頃、しょうがの砂糖漬けなんて見向きもしませんでしたが、
大人になってつくってみると結構美味しいです。
冬のおやつにおすすめです。
       
                   Miyamoto
posted by GARDENS at 00:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

京都ーソテツー

現場中尾 056.jpg現場中尾 051.jpg現場中尾 053.jpg現場中尾 055.jpg
京都に行ってきました。今回は二条城のお庭見学です。
小学校の修学旅行以来です。なつかし〜。あれから何年たったのかしら・・・。

ここでは、江戸・明治・昭和の時代3つのお庭を楽しむことができます。
それぞれの時代に完成したお庭が現在に至るまでに変貌はあったかと思いますが
現在、こうして維持され私たちがこうしてお庭を見学できるのって素敵ですよね。

この写真のソテツは江戸時代にできた二の丸庭園にあるものです。
当時の庭園には15本も植えられていたみたいですが、この1本だけが現存しています。

このソテツが当時のものか不明だそうですが、幕末古写真に写っていることから
150年以上の樹齢だそうです。すごーい。
栗林公園で見るソテツはこんな冬の装いではありませんが、
京都では寒さに弱いため11月下旬から12月初旬にかけこんな?姿に変身するそうです。

手法は宮内省管時から引き継がれ65年も続けられているそうです。
すごく丁寧に稲わらが巻かれています。これが仕事・・・なんですね。
ところ変わればソテツも大事に扱われるんですね。


        nakao
posted by GARDENS at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ミモザ

現場中尾 002.jpg現場中尾 021.jpg現場中尾 033.jpg現場中尾 029.jpg
ミモザ
早春に黄色の花を咲かせて、春を知らせてくれる樹です。

去年からお客様のお庭のお手入れに行ったとき
『今年は蕾がいっぱいなの、また時期になったら見にきてね』
なんて、よく言われました。
今日、お手入れに行ったお庭にもミモザがあり、たくさんの蕾をつけていました。
最近はいろいろな種類のミモザが出ていて、あまり大きくならない種類もあります。

この 葉っぱの小さいミモザは アカシアスぺクタビリス 常緑小高木 3〜5m
大きくなるのは、やっぱり早くて 一年半前に苗木で植えた樹が
今では横にも広がり2mぐらいになっています。 
目隠しのために植えましたがばっちり役目をはたしています。
葉っぱが大きくないので、涼やかな感じです。

シルバー色の葉のミモザは パールアカシア 常緑低木 3〜5m
この樹も大きくなるのは早いです。葉の色がシルバーでかわいい丸葉。
花が咲いたときのシルバーの葉っぱとの色合いがとっても素敵です。


今年の春の楽しみがまたひとつ増えました。
早く春が来ないかなぁ。



                 nakao

                

                        nakao
posted by GARDENS at 20:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

仕事始め

IMG_7263.JPGIMG_7273.JPGIMG_7274.JPGIMG_7282.JPG
今日から仕事始めです。
とても長いお休みをいただきました。
おかげで、気分もすっきり、自分の家のお庭もすっきり。
今日からまた新鮮な気分で仕事が始められそうです。
今年の仕事始めは、種子選びからです。
RHSJ(英国王立園芸協会)から届いた「種子リスト」を参考に
どれにしようか思案中です。
この「種子リスト」、掲載されているのは学名と属名それに花色と草丈、おおむね
この花なんだろうななんていうのは分かるのですが、詳しい流通名までは書かれ
ていないので、一つ一つ確認しながらの注文です。
冬のこの時期、暖かく暖房の効いた部屋で「今年の庭は何を咲かせようか。」
とプランを練るのは幸せなひとときですよね。
これからの一年、何の種を蒔いてどんな苗を植えようか、あれやこれやと考えを
巡らすのは楽しいことです。また、本や雑誌で植物の知識を増やすのもこの時期。
草花の性質をよく知ることが、成功する庭づくりの近道です。
今年は、種蒔きに挑戦。
うまく発芽して苗まで成長できれば、GARDENS MARKETでの販売も…。
ぐふっ。あまり期待しないでお待ちくださいませ。

            kumayama
posted by GARDENS at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

GARENS GARDEN

IMG_7225.JPGIMG_7224.JPG

GARDENSの北庭で、冬の寒さにも負けず、
ピンク色の美しいお花を咲かせ続けてくれてる植物があります。
毎年春まで、菜の花をバーベナ風にしたような?美しい小花を
集めて咲いてくれます。
アブラナ科の『エリシマム』です。
イングリッシュガーデンではおなじみの植物で、
アンティークなテラコッタに植えてある姿を洋書などでも見かけます。
この苗は、数年前にRHS(英国王立園芸協会)からの種子配布サービスで
イギリスから届いた種を理恵さんが育てたもので、
初めて冬に咲いた花を見て感動したことを思い出しました。
最近は、苗が市場で出回っているのでGARDENSのお客様のお庭にも
植え込むことが定番になっている植物です。
葉っぱも斑入りで楽しめるものや、花色が黄色のものもあります。
初めての夏、姿を整えようとしてきつくカットした株は枯れてしまいました。
弱剪定のものは大丈夫だったので、真夏の強剪定は要注意です。
常緑なので、庭の下草としてもおすすめの植物です。

                  Miyamoto
posted by GARDENS at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

神椿

IMG_7209.JPGIMG_7216.JPGIMG_7213.JPGIMG_7205.JPG

1月5日

こんぴらさんに新しくできた『神椿』に行ってきました。
東京銀座の名店・資生堂パーラーの支店です。
資生堂のマークである椿とこんぴらさんの神を合わせて
『神椿』なんておしゃれな名前です。
レストランは完全予約制だそうで、友人が予約してくれて
気の合う仲間とランチを楽しみました。
石段で登れば500段のところに位置するらしいですが、
裏道から車で乗りつけることができ、便利です。
鎮守の森のマイナスイオンにひたりながら店内へ。
有田焼のタイルの壁一面に田窪恭治の描いた素敵な椿の絵。
レストランは、白地に青一色でカフェは青地に白一色で描かれていました。
店内の床は、鉄ブロックを敷いてあり、さびた感じがいい雰囲気。
お外の田窪さんプロデュースのさびた感じのピンコロ石もいい感じでした。
ガラス越しに緑を見ながら、ゆっくりした時間をすごすことができました。
             Miyamoto
posted by GARDENS at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

NEW BLOOM 2008

IMG_7152.JPGIMG_7147.JPG

新しい年がはじまりました。
今年も何か新しい花を咲かせたいなあって思っています。
今年でGARDENSは7歳になります。
今までは、いろいろな人に支えられ、
甘えながら育てていただいた6年間でした。
これからは、美しい花をさかせるだけでなく、
もっと人のこころに、人の為にさく花をさかせたいなあと思います。
まず身近なところから、そしてひとつひとつ心をこめて
丁寧にとりくんでいきたいと思います。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
               Miyamoto
posted by GARDENS at 19:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする