2007年12月30日

GARDENS GARDEN球根の植え付け

IMG_7133.JPGIMG_7140.JPGIMG_7138.JPG
とっても寒い一日でした。
時々雪がちらついてきました。
カシミヤのセーター着てBarbourのジャケットをはおり、
帽子とマフラー、手袋は2枚重ね、そして今年初めて
腰と背中にカイロを貼って、寒さ対策万全ででかけました。
この格好、けっこう暖かくて私の冬の定番スタイルです。
苗やさんでシダや、トクサ、竹を仕入れて現場へ。
午前中は和のお庭の作庭。
今日のメンバーは、ひろし君と弘瀬君と私の3人。
まず、先日お客様と庵治までいって見つけてきた小さな灯篭を据え、
景石を置き、そして植物を植え込みました。
急に、追加工事で玄関先をリフォームすることになったので
図面もなく、現場で感覚だけで作庭しました。
あっという間に玄関先が、素敵な和の空間になりました。
お昼ごはんは、GARDENSの事務所の近くのおうどんやさん。
みんなで、味噌煮込みうどんをふーふーと食べました。
あったまりました。
お昼からは、GARDENSの北庭の球根の植え付け。
まず、バーク堆肥とパーライトをていねいに土にすき込みました。
そして球根を、春のお庭をイメージしながらばらまいていきます。
チューリップは恒例の白色と黒色、ムスカリ、スノードロップなど
300球以上、植え込みました。
ポイントは、転がした地点に無造作に球根を植えつけることです。
『なーらんだ、なーらんだ・・・』ってならないようにナチュラルに・・・。
来年の春が楽しみです。
なんとか、GARDENSのお庭も年をこす準備ができてほっとしてます。

      Miyamoto
posted by GARDENS at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美味しそうなフルーツ

IMG_1814.JPGIMG_1839.JPGIMG_1845.JPG

先日からお仕事させていただいてる結婚式場のディスプレイ用の
フルーツの盛り合わせができたので、納品に行きました。
製作はフラワーアレンジメントの天雲美幸先生。
年末のお忙しい中での製作、ありがとうございました。
このフルーツ、実はイミテーションなのですがとてもよくできています。
洋ナシやイチジク、ぶどう、リンゴなど色や形だけでなく、
持ったときの触感や重さまでそっくりです。
果物の傷やちょっとした汚れまでついています。
本物と見間違うほどです。
いい香りがしてきそうです。
GARDENSの事務所の本棚にもりんごを飾ってあります。
先日棚のお掃除をしてたら、このリンゴに歯型がついているのを発見。
飾ってある2個とも、ガブリとだれかがかじったようです。
大爆笑!
きっと、打ち合わせに一緒に来てたお子様が
本物と勘違いしたのでしょうね。
2個ともトライしたのが子供らしいですよね。
でもその気持ちわかります。
本物そっくりというか、本物より美味しそうですもの・・・。
           Miyamoto
posted by GARDENS at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

年賀状

IMG_7095.JPGIMG_7097.JPG
お昼は現場、夜は年賀状。
例年のごとく、今年ももっと早くしておけばよかったと後悔しつつ
夜な夜なの作業、やっとできました。
いつの間にやら1500通、GARDENSと何らかの縁があった方々へ
年に一度のあいさつです。
一枚一枚、お名前を見ては、お顔を思い出し、なつかしくなったり、
お庭の様子はどうなっているのかなあなどいろいろ考えたり・・・。
筆不精な上に筆がすすみません。
今年の年賀状もD.N.Aさんに作ってもらいました。
私の大切にしているもののコラージュです。
とても素敵なデザインです。
楽しみにしていてください。
            Miyamoto
posted by GARDENS at 06:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

GARDENS GARDN春の準備

IMG_7107.JPGIMG_7113.JPGIMG_7115.JPGIMG_7117.JPGIMG_7131.JPG
今日のお昼からやっとGARDENSの北庭のお手入れに入りました。
球根の植え付けができるように、下草のカットから。
まずは、はびこっているグランドカバーをはいでいきます。
ポテンチュラやビンカなどようしゃなくどんどんはぎとります。
はいでもはいでも、土の中に根が残り、来春お顔をだして
またどんどんはびこってくれるので、手荒にはいでも大丈夫です。
そして今年お花を咲かせたりして活躍してくれた植物をカットしていきます。
地面をよく見て、土の中から新芽が出てきているのを確認したら
これもようしゃなく、根元からカットカットです。
今年は暖かくて、まだ地上部に緑が残りもったいない感じですが
来春のことを考えると、思い切って処分です。
また植物によっては、茎の下部に新芽をいっぱいつけているものもあります。
この新芽を確認できたら、その新芽の上でカットです。
よくお客様にどこでカットしていいかわからないとか、
なくなりそうでこわっくってカットできないとかお聞きします。
この時期、植物たちはちゃーんと春の準備ができているので大丈。、
世代交代の手助けをしてあげるくらいの気持ちでカットカットです。
この冬の間に思いきってカットしないと、狭いお庭の方は
お庭がどんどんジャングル化していくので要注意です。
GARDENSの北庭もすっきりしてきました。
明日は球根植え付けです。

           Miyamoto
posted by GARDENS at 07:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

メリークリスマス

IMG_1000.JPGIMG_1017.JPGIMG_0985.JPGIMG_1775.JPGIMG_1778.JPGIMG_1770.JPG
今年のGARDENSのクリスマスも今夜で終わりです。
26日朝には、お片づけです。
いつまでも飾っておきたいって毎年思いますよね。

朝からお日様がでていて植え込み日和でした。
今日は近所の長山さんにも手伝ってもらいました。
日頃、ご自宅のお庭で磨いた腕とセンスをお借りしました。
おかげさまで何とかいい感じに仕上がりました。
雑木林のようにナチュラルに植え込むのはなかなか難しいものです。
ヴィジュアル的に常緑とそうでないものとのバランスも考えながら
日当たりも考慮して、そして何より自然に種が飛んできたり、
株がふえたかのように植え込む位置や苗の大きさも吟味して、
いろいろな方向からながめながら植え込んでいきます。
お昼前から寿子さんも登場。
寿子さんが現場に入ってくるとどんどん作業がすすみます。
長年二人でやってきたあうんの呼吸で、お庭のストーリーがどんどんふくらんで
末は私たち天才かもって毎度大爆笑です。
お昼ごはん食べるのも忘れてお庭を這いずり回っていました。
クリスマスがもう終わるけれど、赤い実をたくさんつけた『ひいらぎ』を
門の近くの枕木の前に植え込みました。
色の少ない冬のお庭でグリーン色の葉っぱと赤い実がとっても鮮やかです。
鳥さんがすぐ見つけて、実を食べにきそうです。
そして大きな木の下に『クリスマスローズ』をたくさん植えました。
裸の土を隠すために『ビンカミノール』をグランドカバーに、
白色の『ガーデンシクラメン』もいっしょに植えました。
2・3年先がとっても楽しみです。


           Miyamoto
posted by GARDENS at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

今日はガーデナー

IMG_7090.JPGIMG_7080.JPGIMG_7085.JPG

ハード面の工事が終わると植栽がはじまります。
まず大きな樹木を植えてから、低木や下草の植え込みです。
この最終段階には、私もガーデナーとして現場に入ります。
また、作庭したお庭の下草のお手入れも入ります。
ハンターの長靴はいて、ヴァーヴァーのお帽子かぶってまずは格好から・・・。
今日はガーデナー気分で現場入り。
ヴァーヴァーの上着を着たひろし君とガーデナー見習いの広瀬君と3人。
朝から、まず草抜き、下草のカット、はびこったグランドカバーの整理、
そして土作り、明日の植え込みの準備です。
今年の春に植え込んだ植物の成長をひとつひとつ確認しながら作業をすすめます。
とても大きくなったものもあれば、思うほど成長していないもの、枯れてしまったもの

いろいろあります。
それぞれの条件を考えて移植したり株分けしたり、明日植えたす植物や
来年の春からのお庭の様子を考えながら作業をします。
明日は、常緑の低木類をもっと植え足そうと思います。
今、赤い実がいっぱいついているヒイラギや
クリスマスローズを群集させて植えてみようかなあと思っています。
冬咲きのクレマチスも・・・。
素敵なウィンターガーデンになるように。
                Miyamoto
posted by GARDENS at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お昼ごはん

IMG_7055.JPGIMG_7065.JPGIMG_7067.JPG
年末おしせまり工期がないのに・・・雨の一日でした。
現場の工事がストップしたので、久しぶりにスタッフ全員朝からそろいました。
みんなでお昼ごはんを食べに、仏生山の『カフェ・アジール』に行きました。
アジール特製ランチは、いつも少しずついろいろなおかずがたくさんついていて、
お野菜も多くて、体に優しいランチです。
今日のメニューは、チキンのココナッツカレーと太刀魚のフライ、
なすびとお菜っ葉の煮物とサラダ、特にチキンのココナッツカレーが絶品でした。
残ったスープをご飯にかけてきれいさっぱり食べちゃいました。
お腹いっぱい。
最近は忙しくて、お昼ごはんをゆっくり食べることなんかなかったので
雨のおかげで、久しぶりにみんなとゆっくりいただくことができました。
一人ご飯は味気ないけど、やっぱりみんなで食べるととっても美味しいです。
お昼時で忙しくしているのに、オーナーご夫妻いつもながらのやさしい笑顔で
お声をかけていただきありがとうございます。
今GARDENSでもヒットしている、ソテツの鉢植えがお外においてありました。
おしゃれな空間にぴったりでした。

明日こそ天気になあれ・・・。
                     Miyamoto
posted by GARDENS at 00:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

満濃の庭

IMG_7036.JPGIMG_7044.JPGIMG_7034.JPG
『家庭』という言葉は、家の庭と書きます。
字のとおり、お庭は住む人の生活空間の一部です。
そこに住まう人のライフスタイルに合わせたお庭づくりが私たちの仕事です。
今日、11月から工事をさせていただいていた満濃町のお庭が完成しました。
庭主は、60歳前後のご一緒に自営業を営んでおられるとても仲のいいご夫妻。
お客様がお仕事から帰ってきたときは安らぎの場にもなり、
またリビングからも楽しめるよう前庭をシンプルにデザインしました。
駐車場との間を竹垣で仕切り、御影の延べ石や伊勢ごろた石を並べて、
直線のラインを出し、庭の印象を引き締め、すっきりとした印象にしました。
斜めのラインにすえた板石がアクセント。
実はこの面白い石、石屋さんで見つけた加工前の切りっぱなしの石です。
そして、つくばいがお庭のポイントです。
水が循環して、水音を楽しめるようにしてあります。
手前に植えた寒椿が今は見所です。
年末までに完成するようにと、現場のほうはお休み返上で、
毎日必死で職人さんたちが頑張ってくれています。
どうか雨がふりませんように・・・。

                  Miyamoto
posted by GARDENS at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

干し柿

IMG_6981.JPG

手作りの美味しい干し柿をいただきました。
軒先に干してあるのをとってくれました。
干し柿のぶら下がっている様子はなかなか風情があります。
柿と柿がくっつかないように紐の長さをかえて無造作につりさげています。
とても自然なのですが、なんとなくバランスのいい面白い構図になっています。
子供のころは、冬になると各家の軒先でよくみかけたものです。
最近はめっきりこの風景にであいません。
紐のままいただいたのでじっくり見ると、干し柿の枝は紐がかかるように
Tの形に残してカットされています。
なるほど・・・。
我が家のどこにぶら下げて干そうかしら?
子供の頃は干し柿の美味しさがわからなかったのですが、今は大好物です。
早く食べれるようにならないかなあ。
そうそう干し柿って日本が世界に誇るドライフルーツですよね。
           Miyamoto
posted by GARDENS at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

ケヤキ

現場中尾 015.jpg現場中尾 050.jpg
和菓子屋さんのお仕事をさせていただいています。
イチゴ大福が美味しくてよく買いに行ってた和菓子屋さん。
まさか、私たちがここのお庭のお仕事をするとは、思ってもいませんでした。
今回、駐車場を広げるのにあたって、お声をかけていただき
何社かの中でガーデンズのプランを気に入っていただき、現在工事中です。

大きな木を選ぶために植木屋さんの畑をあちこち走り回りました。
たくさんの大きな木を見ているうちに大きさもだんだんわからなくなり
植木屋さんから6mのさしを借りてまた行ったりきたり・・・
やっと見つけた樹を只今、植樹中。
樹のバランスをとるのも一苦労。
大きいのでちょっと右へなんてなかなか職人さんには言えません。
人の手で動かせるものでもなく、即決しなければなりません。
真剣勝負です。
年末で工期もなく、現場はぴりぴりしてます。やせる思いです。
何とか、植込みが完了し、既存のけやきともバランスが取れて
いい感じになりました。
次は芝山作成です。
もうすぐ完成です。頑張りまぁす。

           nakao
posted by GARDENS at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

ANYTHING FPR KIDS SMILE

IMG_6704.JPGIMG_6705.JPGIMG_6712.JPG

幼稚園の園庭のデザインの仕事にとりくんでいます。
お部屋の中はリニューアルされてとっても素敵な空間です。
どのお教室にも、色のきれいなマリメッコのカーテンがつるされています。
バケツをシェードに使った照明器具など、かわいくデザインされたものがいっぱい。
大人でもわくわくする、おしゃれなお教室です。
園庭も子供たちのココロと感性を磨く『第二の教室』へというコンセプトのもと
小さな子供の、五感を刺激する学びのお庭、自然から感じる穏やかなココロを育む
ようなデザインを考えています。
スタッフみんな現役の子育てママさんばかりなので、子供たちの笑顔のために
力が入っています。
いつかは、自分の能力をもって、社会に少しでもお役に立つお仕事ができたらいいなあと
思っていたので、今回こんなプロジェクトに参加できてとても幸せです。
先生方を始め関係者のの皆様がGARDENSのプランを楽しみにしてくれています。
楽しくてやりがいのあるお仕事です。
GARDENSの持っているものをすべて注ぎ込みたいと思っています。

                     Miyamoto
posted by GARDENS at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

お花屋さん?

IMG_6882.JPGIMG_6878.JPGIMG_6883.JPG

結婚式場のお仕事をさせていただいています。
普段はお外のお仕事が多いので、とても新鮮なお仕事です。
最初は、室内ということでちょっと戸惑いを感じましたが、洋書からヒントを得て、
結婚する二人の門出を祝して『実り』というテーマでプレゼンをしました。
早速気に入っていただいてお仕事をいただきましたが、納期まで時間が無く、
イメージに近いコンテナやイミテーションのお花や果物をそろえるのに四苦八苦しました。
何とか材料がそろって、GARDENSはいきなりお花屋さん。
私がディレクト、お花のアレンジメント製作はなんとクマちゃんと寿子さん。
慣れない手つきで自分たちのセンスだけで仕上げました。
本物そっくりの白色のアマリリス、茎を束ねて、ラフィアで結びました。
洋書に忠実に結び方は立て結び、細かいところまでこだわっています。
3人で力あわせて頑張ったかいあってGARDENSらしい、いい感じになってきました。
まだ未完成ですが、作品の前で3人そろって『花屋さんになろうかしら?』と自我自賛。

大変だったけれどやりがいのある楽しいお仕事です。
posted by GARDENS at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

おめでたい植物

IMG_6841.JPGIMG_6838.JPGIMG_6840.JPG

冬の赤い実物として和のお庭でよくみる植物。
名前がよく似ててどれがどの名前なのかよくわからないですよね。
上から『万両』、『千両』、『十両』、赤い実の多い順に名前がついています。
一見よく似てますが、見分け方は千両の実は上向きについていますが、
万両の実は葉の下に垂れ下がってついています。
十両は草丈が低く、実はほんの少ししかついていません。
『ヤブコウジ』と呼び名がついています。
江戸時代、万両や千両といえば、今の何億円にもなるので、
考えてみると、とっても縁起のよい名前がついた植物ですよね。
調べてみると、千両だけはセンリョウ科ですが、他はヤブコウジ科です。
まったく縁の遠い種類なんですね。
冬になると、ヒヨドリが実を食べにきます。
千両のほうが、実をたくさん食べられそうですね。
              Miyamoto
posted by GARDENS at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

紅葉のじゅうたん

IMG_6807.JPGIMG_6816.JPGIMG_6826.JPGIMG_6811.JPG

お庭の勉強会で、京都の詩仙堂,曼殊院、赤山禅院に行きました。
紅葉がとても美しく、紅葉狩りを楽しみました。
立ち止まって、先生のレクチャーを受けていると、
赤や黄色のもみじの葉っぱが、空から舞いおりてきて頭や肩に・・・。
まるで紅葉のじゅうたんのような上を歩いて散策しました。
同じもみじでも、黄色から赤、様々な色合いの葉っぱあるのはなぜ?
秋になって寒くなってくると、葉の付け根のところを細らせて(離層)、
葉っぱが枝から離れていく準備をはじめます。
離層ができて、枝との間で水や養分などのやり取りができなくなると
いろいろな変化が起こり始めるそうです。
まず寒さによって、葉っぱを緑色にみせているの葉緑素が分解して
もともと葉の中にあったカロチノイドという黄色く見せる物質が残って、
葉が黄色くみえるのだそうです。
また、葉の中に残った糖分が変化して赤く見せる色素、アントシアンが多くでき
葉は紅く見えるのだそうです。
だから夏の間、たっぷりお日様に当たって、秋になって冷え込みがきついと
紅葉が美しいといわれるのでしょうね。
葉の中でいろいろなことがおこっているんですね。
今京都は、紅葉のピーク、たくさんの人でにぎわっていました。
お着物姿で紅葉を楽しんでいる若い方がちらほらいらっしゃいました。
秋の京都にぴったりでした。
春の桜の頃も感じますが、秋の美しい紅葉の時期、
日本に生まれてきて、本当によかったなあと思いますよね。

                    Miyamoto
posted by GARDENS at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

シルホサ・ジングルベル

IMG_6766.JPGIMG_6762.JPGIMG_6760.JPG

只今満開、クレマチス『シルホサ・ジングルベル』。
名前のとおり、クリスマス近くになると咲く、ベルの形をしたクレマチスです。
下向きに咲く白いお花が、とってもかわいいです。
蕾は、ふくらむとアーモンドのようにおいしそうな感じです。
咲き始めは、グリーンがかったオフホワイト色ですが、
さききるとホワイト色になります。
夏は、休眠期で枯れたような状態になりますが、
秋になると急に芽吹いてたくさんの蕾をつけてくれます。
6年前、素敵な名前にひかれて、自分へのクリスマスプレゼントとして
ちょっと高かったけど、お取り寄せして冬の間お花を楽しみました。
夏になって急に枯れ枝だけになったので、本に書いてあるとおり
暑さに弱いクレマチスだなあと思って、処分してしまいました。
とってももったいないことをしました。
2〜3年前からお客様のお庭に植え込むようになって夏越しできることがわかりました。

本当に夏は枯れたのかと思うほど枯れ姿の状態です。
どうも古枝にお花を咲かせるので、あまりカットしないほうがいいみたいです。
冬咲きのおすすめのクレマチスです。

                    Miyamoto
posted by GARDENS at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。