2007年07月25日

下駄

IMG_4553.JPGIMG_4554.JPGIMG_4559.JPG

梅雨が終わったとたん、いきなり夏ですね。
会う人会う人、『暑いですね。』ってあいさつから会話がはじまります。
夏の足元いえばおしゃれなミュールもいいけど、夏はやっぱり下駄です。
なんたって涼しい・・・。
3年前に黒田商店さんの下駄に出会ってから、毎年一足づつ新調しています。
黒田商店さんは田町にある素敵な履き物やさんです。
古布をはじめ世界各国から集めたこだわりの布でできた鼻緒がたくさんあります。
台もはきやすくて、おしゃれでデザイン性の高いものなのでいつもどれにしようか
迷ってしまいます。
鼻緒と台をチョイスして、その場でご主人が足にぴったりにすげてくれます。
そしてお店の人が必ずおっしゃいます。
『この下駄はいて走れますよ・・・。』
そうですよね。昔の人はみんな生活に中でごく普通にはく履き物だったんですよね。
初めて履いたときは人のいないところで走ってみました。笑い・・・。
このお店、日本橋三越や銀座歌舞伎座にも出店されている
知る人ぞ知るお店なんです。
今年はなぜか蛇皮の鼻緒を選びました。台は革張りのものにしてみました。
春先に選んだのでこの組み合わせですが、今なら選ばないのに・・・。
だって先日大きな蛇に遭遇したんです。
とても太くて2メートル以上はあったと思います。
志度の山道でおもわず車でひいてしまいました。
すごい衝撃があって、サイドミラーを見るとくねくねしながら山に入っていったんで
す。
びっくり・・・そして怖くって・・・。
久々に遭遇した大きな蛇でした。青大将かなあ。

とはいえ、毎日はいています。ジーンズにもぴったりですから・・・。

       Miyamoto


posted by GARDENS at 04:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。