2007年05月02日

家族でメモリアルアート

2007.04.28 002.jpg2007.04.28 008.jpg2007.04.28 006.jpg
三豊市のお客様の塀の仕上げ工事がありました。
アール型にブロックをついた塀に、まずブロックの目地をつぶす為に
左官やさんにモルタルで下地塗りしてをしていただきました。
そして仕上げの外装材を塗って塀の出来上がりです。
先日、家の外観に合いそうな塗り壁のカラーサンプルを3枚作って
お持ちして、実際に塀にあてて家族みんなで選んでいただきました。
落ち着いた濃い目のお色と、無難な白っぽい色と迷われていましたが
おじいちゃん、おばあちゃんのアドバイスで濃い目のお色で決定。
家族みんなの意見を取り入れながら、現場はすすんでいきます。
もちろん私たちガーデンデザイナーがお庭全体のデザインやカラーの
バランスをとりながらですが・・・。
お昼から、仕上げの施工を始めました。
模様付けのパターンは、櫛引仕上げ。くしを塀に当てて横にひいた
感じのすっきりした模様です。
今日は思っていた以上に暑くて、塗り壁材が早く乾くので
職人さんは、息つく間もなく必死で作業をしていました。
ご飯も食べずに一気に仕上げてくれました。ご苦労様です。
ちょっと遊び心で壁の一部に、アートスペースコーナーを作りました。
お庭のアプローチに敷いた割り石の破片で模様を作ることにしました。
けっこう、廃材のこの石が塗り壁とマッチするんです。
小学3年生のゆりなちゃんがお父さんやお母さんといっしょに
お花とトンボやチョウチョを上手に作って貼ってくれました。
最後にお母さんが今日の日付と名前を書いて
お父さんがチェックしています。
家族の記念になるオリジナルアートの出来上がりです。
家族のいい思い出になったことと思います。
壁や土間に手形を残したり、ビー玉を埋め込んだり
家族の記念になる何かをお庭の中にさりげなくとりいれるのって
ほのぼのとしてていいですよね。
GARDENSのお庭作りのテーマである家族みんなが
楽しめるお庭作りのひとつかな。
     Miyamoto


posted by GARDENS at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。