2007年05月30日

ガーデニング教室 (バラのお庭見学day)

2007.05.19 003.jpg2007.05.19 004.jpg2007.05.19 005.jpg
月に1回のガーデニング教室DAY。
お庭好きや植物好きの方々とわいわい集ってます。
4月は、「Berryを楽しみましょう」で、
ブルーベリーの寄せ植えを作りました。
今月はバラの季節到来!ということで、
すらっとしたシンプルな鉢に、バラの寄せ植えを作り、
バラのお庭見学に出かけました。
長山さんちのお庭のすばらしさは、木々の緑あふれる中で
表情豊かなバラが咲き乱れ、その色合いは選び抜かれた
こだわりがあります。
御玄関には、色合いのシックな寄せ植えがさりげなく飾られ
クレマチスの「篭口」、チョウコレートネムやディアボロの銅葉、
宿根リナリアやジキタリスが御出迎え。アカンサスモリスの花には、
皆さん「わたしの庭にも欲しい!」とご注文。
珍しい個性あふれるレアものには、私もキャーキャーです。
エリゲロンの小道を進んでいくと、そこはシェード(日陰)のお庭。
アナベル、カシワバアジサイ、山アジサイなど、山野草の
コレクションが並びます。
「剪定は?」「肥料は?」とメモとカメラ片手に、育て方や
おすすめの植物など質問が次々と、、(私も)

長山さん、楽しいひとときをありがとうございました!

kamata
posted by GARDENS at 19:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

GARDENS(お庭たち)

16.JPGP1010055.JPGP1010065.JPG
先日、丸亀市にお住まいの辻さんが
ガーデンズマーケットに来てくれました。
辻さんのお庭は2005年12月に完成。
アンティークレンガのテラス。シンク付のパーゴラ。
そこに、ポールズヒマラヤンムスク・つるアイスバーグ・
クレマチスモンタナが絡まっていくように植え込みました。
それから、2回目の春を迎え、
バラやお花が咲き乱れてとても素敵です。
毎回、お庭にお伺いするのが楽しみなぐらい
次々と素敵な小物や、お花やバラが仲間入り。
この素敵なお庭は、辻さんの細やかなお手入れと
愛情でみちあふれ、とても居心地のいいお庭になっています。
辻さんのご近所の方々は、みなさん素敵にお庭造りをされています。
街並みがきれいになっていくのは、とてもうれしいことですね。

辻さん、先日は素敵な写真ありがとうございました。
また、楽しみにお伺いしますね。

         nakao
posted by GARDENS at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

すばこ

2007.05.28 004.jpg2007.05.28 003.jpg
6/5(火)開院予定の琴平町の山本耳鼻科へ
植え込みに行ってきました。
待合室と診察室から見える中庭にウッドデッキを作りました。
デッキの真ん中には大きなケヤキが一本。
診察中でも見えるようにケヤキの木に
いろんな色の巣箱をぶら下げました。
たのしそうでしょ?
病院嫌いの小さな子供たちも
リラックスして通院してくれるといいな…。


     kumayama
posted by GARDENS at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

GARDENS MARKET 出張中!

2007.05.19 013.jpg2007.05.19 011.jpg
5月晴れの心地よい日差しのなかで、
今日のGARDENS MARKETは出張です。
県立図書館の北側に「住まいの創夢」さんの展示場があり
5月25、26日の10時から5時まで
「オープンCafeフェスタ」という催しにコラボさせてもらってます!
ハーブやガーデニンググッズ、などなどお庭のアイテムを販売中。

このお庭のシンボルツリーは、大きなオリーブ。
プロウ゛ァンスで見た風景のよう。。 
宿根リナリアのパープルやピンクの花が風に
なびき、ラムズイヤーの花もかわいい。
アルテミシアやソルトブッシュのカラーリーフも素敵に育っています。
GARDENS号が目印です。ぜひ来てくださいね。
       
    kamata
posted by GARDENS at 19:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

ガーデンフェスタ終了

070520-01.jpg070520-02.jpg070520-03.jpg200705201736000.jpg
あわただしく過ぎたガーデンフェスタも終わり、
2日間だけの設営でしたが無事終了しました。

今年は、奨励賞をいただきました。
たくさんの方に見に来ていただいてありがとうございました。

2日間ともお天気で、特に日曜日はプロヴァンスの空を
思い出すようないい天気でした。
プロヴァンスで買った思い出の品をディスプレイしたり、
壁にプロヴァンスで撮った写真をピンナップしたり…と
プロヴァンスを思い出しながら楽しませていただきました。

ガーデンフェスタ終了後はその日のうちに撤収!!
例年のことですが、職人さんも
私たちもちょっぴり切ない思いで解体…。
また、どこかのお庭でこの経験(仕事)がいかせればいいなぁ。


       nakao
posted by GARDENS at 19:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

善通寺ガーデンフェスタ

2007.05.19 034.jpg2007.05.19 053.jpg2007.05.19 079.jpg2007.05.19 076.jpg

善通寺ガーデンフェスタ初日。
私たちが出展した作品のタイトルは『A GARDEN IN PROVENC
E』。
昨年スタッフみんなで行ったプロヴァンスを思い出しながら作りました。
プロウ゛ァンスでは、朝ごはんをいただくのもお庭、ランチもお庭でゆっくりと
もちろんお茶もお庭。ディナーもお酒を楽しむのもお庭でした。
そうそうワールドカップのTV観戦もお庭で・・・。
お庭が生活の中に溶け込んでいました。
プロヴァンスのお庭のある暮らしの楽しさ、暮らしを楽しむお庭を
素材や色までこだわって作ってみました。
暑くて乾いた感じのイメージで、大きなオリーブやラヴェンダーを植え込み
ゼラニウムのピンクのお花がアクセントでプロヴァンスらしさを表現。
水曜日から3日間でつくりました。今年も準備期間中に雨に見舞われ
大変でしたが何とか完成しました。プロヴァンスで見たイメージを
職人さんとともに立ち上げるのに今回はとても苦労しました。
壁の色やテクスチャー、石の感じ、そして土間の雰囲気、作ってはイメージと
違うと壊し、職人さんには大変ご苦労をおかけしました。
先が見えてこなくて現場の雰囲気が重苦しい時もありましたが、
私も自ら寿子さんとともに、壁や石を作る作業に参加して
最終的には、納得いくものに仕上がってよかったです。
試行錯誤の結果、みんなの気持ちがひとつになっていいものができました。
協力していただいたスタッフの皆様本当にありがとうございました。
今年もGARDENSらしいお庭ですので是非見に来てくださいね。
GARDENSマーケットも出店しています。
お待ちしています。

      Miyamoto
posted by GARDENS at 03:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

プロスペりティ

2007.05.10 037.jpg2007.05.10 040.jpg2007.05.10 046.jpg2007.05.10 048.jpg2007.05.10 076.jpg

GARDENS北庭の銅葉のコーナーで『プロスペりティ』が咲き出しました。
つぼみは淡いあんず色で、咲きはじめるとあんず色から
しだいにクリームがかった白色になります。
ムスク系の甘い、いいかおりにもうっとり・・・。
強くて半日陰でも育つということと、新芽がきれいな赤茶色をしているので
このコーナーの仲間に・・・・。
赤葉の小葉とクリーミーな白花がシックでお気に入りです。
銅葉の『エルダー』のお花もさきだしました。
よく見るとちっちゃなお花の花びらは白色で、芯のところがアプリコット色。
とってもかわいいです。
今年はこのコーナー、銅葉と優しいアプリコット色やクリーミーホワイトの
お花との色のバランスがいい感じです。
大人っぽい色合いですがとてもやさしい組み合わせで気に入っています。
バラによく似合う『ジキタリス』も咲きだしました。
『リシマキアボジョレー』も色付きカラーリーフとともに大人色で
すてきです。

    Miyamoto



















































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































0
今年はこのコーナーの
この銅葉のコーナーをいろどってくれています。
posted by GARDENS at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

Fen Zhang Lou 粉粧楼

2007.05.07 011.jpg2007.05.07 111.jpg2007.05.07 051.jpg2007.05.07 112.jpg

10年ほど前の母の日に、梶みゆきさんの『バラの園を夢見て』を
花好きの母にプレゼントしました。
その頃の私はまだバラに関心がうすく、本屋さんでたまたま
手にした本がこの本でした。
実家に戻るたびに何気なくこの本を見ているうちにいつのまにか
この本に魅せられ、自分のものにしてしまいました。
バラの写真がとてもきれいで、見ているとうっとりしてしまいます。
そして私もバラの園を夢見るようになり、オールドローズにあこがれ
初めて入手したバラが『粉粧楼』。
チャイナ・ローズで球形に近い深いカップ咲きのかわいいお花です。
カップの内側は淡桃色を帯び、外側は白色です。
名前のとおり、お化粧のお粉をまぶしたような感じです。
甘い香りで、うつむきかげんに咲く姿はなんともいえません。
雨にあたるとお花が痛みかわいそうなので、このシーズン軒下で
コンテナで育てています。
春から秋までよく花をつけてくれて、秋になるといっそうお花の色が
濃くなるので、今年も楽しみです。

         Miyamoto
posted by GARDENS at 00:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

MIYATAKE GARDEN ROSES

2007.05.09 011.jpg2007.05.09 016.jpg2007.05.09 021.jpg2007.05.09 018.jpg

この季節、車を走らせていてもあちこちのお庭に咲いているバラの花が
目にとまります。どこのバラもきれいですよね。
つい車を止めて近くまで行って眺めたりしてしまいます。
お昼前に松縄町付近で打ち合わせがあったので、2年前にお庭の
リフォームをさせていただいたお客様のお庭によってみました。
ちょうどバラのお花がきれいに咲いていてとってもいい感じでしたので
写真をとらせていただきました。
朝日が少しさすだけの北側の明るいお庭なんですが、
シャラの木をはじめ下草の植物達が柔らかくやさしく育っています。
とても居心地よさそうです。
リフォームしてから、北側のお庭でもよく育つつるバラを植えました。
そんなに広くないお庭なので1本だけバラを育てたいということで
セレクトしたのがノワゼット・ローズの『マダム・アルフレッド・カリエール』
予定どおりフォーカルポイントに置いたベンチを上から覆うように
お花が咲いていて素敵でした。
白い花びらの重なりのひだに淡いピンク色の影がさして、かぎりなく
やさしい香りのお花がうつむきかげんに咲き優雅な感じのバラです。
花のやさしさに反して、樹勢は強健で育てやすいのでおすすめの
バラのひとつです。
GARDENSの北庭でも今この花が見ごろです。
こだわって作ったシェッドやサインプレートの写真もとりました。
いい感じにお庭を育ててくれていて、ありがとうございます。
ガーデンデザイナーとしてうれしい限りです。
    Miyamoto
posted by GARDENS at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぺネロープ Penelope

2007.05.07 042.jpg2007.05.07 052.jpg2007.05.07 104.jpg
リビングの前に置いたコンテナで育てているハイブリットムスクのバラ
『ぺネロープ』のお花が3日前の雨の日から咲き出しました。
ハイブリットムスクは、イングランドのペンバートンが創った
細めの枝ぶり、半つる性、房咲きの香りたつ微妙な色合いの花で
たおやかな中に静かな強さを秘めるとても美しい品種です。
この『ぺネロープ』は、5〜7センチの小ぶりなセミダブル平咲きで
花色がアプリコット色から徐々にクリーミーホワイトに変化します。
そして次から次へとよく咲いてくれる、本当に強いバラです。

写真上:アプリコット色のかわいい蕾です。

写真中:咲き始めたばかりのお花。
     私の大好きなアプリコット色でとっても素敵です。     

写真下:花色が徐々にクリーミーホワイトに変化します。
     平咲きで花芯の黄色が可愛いです。
     花が開ききった時は、花びらの先が軽くフリル状になって
     一段と可愛くなります。

2年前にこのバラに出会いました。
どのバラを育てようかなあといろいろな本やカタログを見ていたら、
開いた時の花芯が黄金色できれいと書いてあるのを読んで
見てみたーいと即決したバラでした。
そのころ、私のファッション感も『ゴールド』にひかれていましたので
黄金色のただその一言にひかれて決めたのです。笑・・・。
育てているバラ1本1本に出会いやエピソードがあります。
お花が咲くたびにその出会いを思い出したり・・・。
私にとってバラのお花はきれいにさいてくれるだけでなくではなく
思い出もいっしょに咲いてくれるお花です。

     Miyamoto
posted by GARDENS at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

 アダム

2007.04.28 003.jpg2007.04.28 060.jpg2007.04.28 075.jpg2007.04.28 058.jpg2007.04.28 079.jpg
朝から日が暮れるまでお庭のお手入れをしていました。
ここのところ、お客様のお庭のことが優先で 我が家のお庭の
お手入れが出来ていなかったので、気になっていました。
一日かけてゆっくりとお手入れしたら、お庭も気分もすっきりです。
お庭にいると、かわいいお客様がやってきます。
ちょうちょやてんとう虫さん、思わずにっこりしてしまいます。
でも招かざる客もずうずうしく隠れています。
バラにはたくさんのアブラムシ、ハダニにチュレンバチの幼虫も・・・。
いつの間にやってきたんでしょうか?
そしてジューンベリーの枝には大きな毛虫が・・・。
まるでシルバー色のミンクのフカフカの毛皮のような毛虫でした。
ご近所のあつ子さんが、慣れた手つきで退治してくれました。

今日一番の見ごろのお花は、バラ『adam アダム』です。
フランスのバラで、一番最初につくられたティーローズだそうです。
花びらの枚数もかなり多く、淡いピンクと黄色がまざったような
ニュアンスのあるやさしい色です。
香りもいい感じです。

チューリップ『クイーンオブザナイト』もいつのまにか黒色がより濃くなり
とてもシックに咲き誇っています。
まわりのシルバーリーフとぴったりで大人っぽくしゃれたいい感じです。
いろいろとお手伝いしてくれた10歳の娘が、
カットしたお花を生けてくれました。
チューリップが自然な感じできれいです。
    Miyamoto
posted by GARDENS at 06:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

家族でメモリアルアート

2007.04.28 002.jpg2007.04.28 008.jpg2007.04.28 006.jpg
三豊市のお客様の塀の仕上げ工事がありました。
アール型にブロックをついた塀に、まずブロックの目地をつぶす為に
左官やさんにモルタルで下地塗りしてをしていただきました。
そして仕上げの外装材を塗って塀の出来上がりです。
先日、家の外観に合いそうな塗り壁のカラーサンプルを3枚作って
お持ちして、実際に塀にあてて家族みんなで選んでいただきました。
落ち着いた濃い目のお色と、無難な白っぽい色と迷われていましたが
おじいちゃん、おばあちゃんのアドバイスで濃い目のお色で決定。
家族みんなの意見を取り入れながら、現場はすすんでいきます。
もちろん私たちガーデンデザイナーがお庭全体のデザインやカラーの
バランスをとりながらですが・・・。
お昼から、仕上げの施工を始めました。
模様付けのパターンは、櫛引仕上げ。くしを塀に当てて横にひいた
感じのすっきりした模様です。
今日は思っていた以上に暑くて、塗り壁材が早く乾くので
職人さんは、息つく間もなく必死で作業をしていました。
ご飯も食べずに一気に仕上げてくれました。ご苦労様です。
ちょっと遊び心で壁の一部に、アートスペースコーナーを作りました。
お庭のアプローチに敷いた割り石の破片で模様を作ることにしました。
けっこう、廃材のこの石が塗り壁とマッチするんです。
小学3年生のゆりなちゃんがお父さんやお母さんといっしょに
お花とトンボやチョウチョを上手に作って貼ってくれました。
最後にお母さんが今日の日付と名前を書いて
お父さんがチェックしています。
家族の記念になるオリジナルアートの出来上がりです。
家族のいい思い出になったことと思います。
壁や土間に手形を残したり、ビー玉を埋め込んだり
家族の記念になる何かをお庭の中にさりげなくとりいれるのって
ほのぼのとしてていいですよね。
GARDENSのお庭作りのテーマである家族みんなが
楽しめるお庭作りのひとつかな。
     Miyamoto
posted by GARDENS at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

GARDENS チューリップ 2007

2007.04.21 020.jpg2007.04.21 023.jpg2007.04.21 045.jpg2007.04.21 044.jpg2007.04.21 215.jpg
今日はとっても暑かったですね。
今日の暑さと今夜から降る雨でGARDENSで咲いた
チューリップも残念ですがもう終わりになると思います。
今年咲いた個性的なチューリップをご紹介します。
まず『ブラックパーロット』。波打つ花被片がオウムの
羽のように切れ込むパーロット咲きです。
黒紫色の花被片に銅青色の入った不思議な色彩です。
つぼみもとってもミステリアスな感じです。
黒色のスクエアー型のコンテナにお似合いです。
次にGARDENS北庭の春の定番『クインオブナイト』。
黒系のチューリップでは、最も有名な優良品種で、
整ったカップ咲きの花形と茎の長さのバランスがとてもよいので
他の下草とあわせやすいです。
特に銅葉のものと相性抜群です。
この組み合わせは大人っぽいイメージでおすすめです。
次に『ズレル』。
白と紫の斑入り種です。ちょっぴり丸くころんとした形も
かわいいです。
最後にチューリップの球根をぎっしり植えたコンテナの紹介です。
これもGARDENSの定番。
この時期、イギリスのどこのお庭でも見かけるチューリップの
コンテナ仕立てです。
作り方は簡単。球根を隙間なくぎっしり植えるのがポイント。
皆さんも是非挑戦してくださいね。
今年は朝晩イギリスのように冷え込んだのでお花の花期も
長く楽しませてもらいました。
チューリップさんありがとう。
    Miyamoto
posted by GARDENS at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする